夏のフィーカをどう過ごす?

 

こんにちは。

ブログを始めて一週間。予想以上に沢山の方に見て頂いています。ありがとうございます!

はりきっていろいろな情報を更新していきますので、時々覗いてみてください。

 

今回は、現在開催されている企画展「フィーカノシタク」より、夏のフィーカ(お茶の時間)におすすめのアイテムをご紹介。

展示販売しているものと私物のボックスや植物を使って夏のフィーカのコーディネイトをしてみました。

 

・フィンランドの椅子 2点 

座る部分はトウモロコシの粉でできているので、外に放り投げていたら土に還ります。フィンランド製。

展示中古品のため72000円が半額以下に。(先日まで展示していたデッキ用チェアー2点は完売)

おしりの部分が包み込まれるようなフォルム。リラックスできますよ。

 

・中島和美さんのフェルト椅子パッド 7800円+税

フィンランドのフィンシープの毛を使ってできているので、肌触りがなめらか。厚みもしっかりしています。

夏は暑い感じがしますが、ガーデン用のフラットな固い椅子に敷くだけで十分なクッション材になり座り心地が良くなります。

 

・STUDIO OYAMAのコーヒーカップ、サイドプレート 各3500円+税

安定感があって軽いので、バルコニーや外でフィーカをする時にとても扱いやすい。

全部で4種類を展示販売中です。

STUDIO OYAMAのMASAYOSHI OYAさんは、スウェーデンの手工芸学校 Capellagården時代の大切な友達です。

先日ELLE DECO JAPANで取り上げられ、表紙を飾りました。

他にもヨーロッパのインテリア誌などにも取り上げられていて現在国内外で注目されています。本当にうれしいです!

 

・オーガニックのチコリコーヒー 700円+税

チコリコーヒーはコーヒーのような風味でカフェインゼロ。

時間を気にせず飲めるので、夏の夜のフィーカにもおすすめ。

最初にカップ半分くらいのお湯で溶かして、冷たい豆乳やミルクをいれるとアイスカフェラテ風。とってもおいしいです。

食後に飲むと血糖値の上昇を抑えると言われています。便秘解消にも良いのでデトックス効果もあり、肝機能を強くするそうです。

リラックスしながら体に良いものを取り入れる。いいですね!

 

・Karin Carlanderのリネンクロス 2500円+税

デンマークのテキスタイルデザイナーKarinさんのフランスのリネンで織られたクロス。

プレースマットとして、焼いたお菓子を包むクロスとしてなど、いろいろ使える大きさです。

「もったいなくて使えない」はもったいないです。

素晴らしい作品や製品をどんどん日常使いにしていけば、それがクリエーターや職人にとっての張り合いになり、さらにデザインや質の良いものが今の子供達に引き継がれて行く気がします。

色は全3色。それぞれ織りの組織(デザイン)が違います。

 

・SUKOYA迫田希久さんの白樺の保存容器 

この保存容器は、直接コーヒーの粉や小麦粉などを入れる事ができます。

なぜなら、白樺細工は洗えるから。

初めてそれを聞いた時、うれしすぎて私物の白樺細工を全部洗っちゃいました。

サイズは大中小3種、形はオーバルとラウンドがあります。

蓋のカラーリングがさわやかなので、夏のフィーカを演出するのにおすすめです。

 

他にも素敵なものや美味しいお菓子、北欧のコーヒーやジャムなどいろいろあります。

企画展「フィーカノシタク」は8月26日(日)まで。

ぜひお出かけください。

www.grannehantverk.com