石の天板のキャビネットをデザイン、製作しました

 

こんにちは。

軽井沢はもう日中も寒くなり、紅葉が始まりました。朝晩は暖房を入れようかと迷うほど。

冬越えのために限界に挑戦します。風邪をひかない程度に。

 

今回は久しぶりに家具製作について。

ご依頼頂いたお客様は音楽好きで、レコードやCDを沢山お持ちなので、それらを収納できて空間の中央に置くことができるキャビネットをデザインし、製作致しました。お酒を収納するところもあります。

 

 

中に入れるもの、天板の石、キャビネット自体の重さを考えると、相当な重量を支える脚の構造を考えなくてはいけません。

そのため太い幕板を4方向全てにつけています。

 

 

全体のデザインが重たくならないように、細部の調整まで手を抜きません。

私も時々最終段階で客観的な意見を言ったりもします。

意見が厳しいのでけむたがられますが、自己満足だけで仕上げていると、いずれ技術や美的センスの向上は止まると思っているので、家具を注文してくれるお客様がいる以上はめげません。応援よろしくお願いします!

 

 

天板の石は、空間のテイストに合わせてある程度石の種類を絞り、その中からお好みのものを選んで頂きます。

仕上げは鏡面仕上げ、マットなどがあります。

ワインなどをこぼした時に石にしみ込まないようにするには鏡面仕上げ。でも空間によってはその艶が浮いてしまう。

仕上げによって石の表情が全く違うので、判断がとても難しいのですが、石の専門家と相談しながらの製作は今回とても勉強になりました。ありがとうございました!

 

・素材 本体 オーク、天板 石

・デザイン、製作 皆木重人

 

それではまた次回に。

www.grannehantverk.com