中島和美さんが9月15日(土)、22日(土)に紡毛糸の手紡ぎ実演をします!

 

こんにちは。

本日29日(水)から「中島和美 フィンランドシープの小物展」が始まりました。

初日は中島さんがオープンから在廊してくださり、遠方からのお客様も多くいろいろなお話が聞けてとても楽しい1日でした。

 

 

9月15日(土)、22日(土)10時半〜17時の紡毛糸の実演のために、紡ぎ車の最終チェック。

大久保芙由子先生もチェックしてくださり準備万端です。

 

洗い済の原毛のごみ取りやさばき方、ハンドカーダーの使い方、紡ぎ車の扱い方など実演から学べることが沢山あります。

紡毛糸は梳毛糸の紡ぎとは下準備の仕方も紡ぎ方も全然違います。仕上がりの糸も全く違いますので、興味のある方はぜひぜひご参加ください。簡単なレクチャーもしてくれるそうです。

 

 

今日は私にとってとてもうれしい再会が。約9年ぶりだと思います。

その方はご家族でご来店。

中島さんのお客様だと思っていたら、お帰りになる際に「もうゴットランドシープの毛皮の作品は作らないのですか?」と。

え!?

記憶を必死でたどる。

最後にその方がお名前をおっしゃった瞬間にああああああ!と記憶が蘇り、うれしくて思わず手をとって喜んでしまいました。

本当にびっくりです。

約9年ほど前、スウェーデンでゴットランドシープの毛皮をなめして作品を製作していた頃、一時帰国をして銀座でスウェーデン大使館後援のゴットランドシープの毛皮展を開催。

その時にその方は私がなめした毛皮や椅子パッドをお買い上げくださり、しばらくやりとりが続いていました。

いつもとても優しい言葉をかけてくださって、製作の励みになっていたので、時々その頃のことを思い出しては、お会いしたいなあと思っていました。

今日その時が来るとは!突然すぎて、当時の感謝の気持ちをうまく伝えられず。

ただただありがとうございますしか言えませんでした。

店を続けていて良かったです。

ありがとうございます!

 

それではまた。

www.grannehantverk.com