ゴットランド島に住んで

軽井沢 家具 北欧 手仕事 ゴットランド 雑貨

 

スウェーデンのゴットランド島はストックホルムの東にあります。

フェリーで確か3時間くらい。

私はCapellagårdenのテキスタイル科に2年通い、卒業後はゴットランドシープについて勉強するためにゴットランド島へ移住しました。島から島へ。

当時日本人は私一人。だったと思います。

日本人の友達が多くいるエーランド島から離れてだいぶ不安でしたが、寮で向かいの部屋に住んでいたダニエル君と、同じ時期にゴットランド島へ移住した友達のエバちゃんのおかげで思っていた以上に充実した生活を送ることができました。

この間にスウェーデン語が上達したのはこの2人のおかげ。特にダニエル君。

彼はまともに英語もスウェーデン語も話せない私が、意味がわからないといっているのにおかまいなしで楽しそうに会話を続けます。

仕方がないので適当に笑うとなぜかタイミングが合ってしまう。

適当だった会話が数週間でいつのまにか内容を理解できるようになり、冗談を言い合うまで語学力がアップ。不思議です。

 

軽井沢 家具 北欧 手仕事 ゴットランド 雑貨

 

羊のことを学びながらゴットランドシープの毛皮のなめし技術を習得しました。日本人で初めてだそうです。

ゴットランドシープと毛皮については話せる時が来たらまたいづれ。

 

軽井沢 家具 北欧 手仕事 ゴットランド 雑貨

 

ゴットランドのVisbyという町は世界遺産になっています。

魔女の宅急便の舞台になったとか。丘から見下ろす景色はまさにその世界。

家の前には必ずバラが植わっていて、咲く季節になるとおとぎ話の中の世界にいるような感覚になるので、世界中から観光客が集まり道が人でいっぱいになります。

エバちゃんはその有名な通りに住んでいて、学校が休みの週末はエバちゃんの家に泊まりにいって将来のことをいろいろ話したりケーキや料理を一緒に作ったりしてリフレッシュしていました。

 

軽井沢 家具 北欧 手仕事 ゴットランド 雑貨

 

島のはずれにある石釜のパン屋さんの営業時間の案内板。

ここのカフェの雰囲気が素敵でパンもおいしいので、エバちゃんによく連れて行ってもらいました。

 

軽井沢 家具 北欧 手仕事 ゴットランド 雑貨

 

毛皮のなめしの先生がボランティアでガイドをしているヴァイキング時代の家。

古民家が点在していてヴァイキング時代の生活体験ができます。

 

ゴットランド島は6月頃から空いていなかったお店がオープンし、7、8月がピークで秋からゴーストタウン化します。

年間を通してきれいな島ですが、12月から3月頃は雪でフェリーが休航したりするので、ご注意ください。

 

それではまた。

www.grannehantverk.com