スウェーデンでの犬の飼い方は?

semla kompis sweden grannehantverk karuizawa

 

こんにちは。

今回は、スウェーデンでの犬の飼い方について。

 

スウェーデンにはペットショップが無く、ブリーダーから購入するか保護犬を引き取るか、もしくは譲ってもらいます。

私達はスペインの保護施設から愛犬セムラを引き取りました。

 

引き取ってから1ヶ月くらいは、ずっと震えて鳴き続けて物を破壊する毎日。鏡にうつる自分の姿を仲間と勘違いして一生懸命鏡の中に逃げようとしていました。

全てを受け入れるつもりで引き取ったものの、信頼関係がなかなか築けない。

ご近所さんに相談すると、

「スウェーデンでは犬を飼うならトレーニングに連れて行くのがマナーだよ!」と。

 

 

 

トレーニングの甲斐あって、3ヶ月後位からぐっと距離が縮まりしつけがしやすくなりました。

そして一緒にバスや電車にのってノルウェーの友達の所へ旅行も行けるように。

北欧に旅行をされた事のある方はお気づきかもしれませんが、北欧はバスも電車もケースに入れずに犬連れオッケー。電車に一緒に乗れるのは本当に楽しいです。

軽井沢の電車やバスもいずれそうなっていくといいですね。そのためにはみなさん、トレーニングしましょう!

 

 

カフェもレストランも外ならお店の人に断らなくても大丈夫。

どの犬もきちんとトレーニングされているので足元で静かにしています。

 

スウェーデンでは、8時間以上犬を家に置いておいてはいけないという法律があります。

排泄を我慢したり寂しさのストレスで内蔵にどんどん負担がかかっていくので、職場や出先に連れて行ったり、それが難しい場合は犬の幼稚園に預けます。

スウェーデンではいろいろな事情をふまえて社会の環境が整っていますが、日本は大分遅れています。

犬を飼う前にそのことを一度考えてみてください。

GRANNE HANTVERKでは、超高齢化社会へ向けて保護犬達がドッグセラピー犬として生きる道ができるようなお手伝いができればいいなと考えています。できる事から少しずつやっていきます。

 

それではまた次回に。

www.grannehantverk.com