GRANNE HANTVERKは来年で10周年!

 

 

約1ヶ月もブログを休んでしまいました。

今回は少し自分とショップのこれからのことを。

 

どんなスタイルでお店をやっていくのがいいのか、お客様はグランネに何を求めているのか、試行錯誤の9年。

スウェーデンで事業を立ち上げてからなんだかんだで来年で10年になるんです。

続いていることにびっくり!という方もいらっしゃるのではないかなあと思います。

様々な変化がある中で、毎年新しいことに挑戦させてもらい、沢山の人に助けてもらって現在のGRANNE HANTVERKになっています。ありがとうございます!

 

ちょっとだけ自分のことを。

何を挑戦するにも年齢は関係ないよーとよく言いますが、女性にはある年齢で挑戦を諦めなくてはいけないこともあります。

私にも長年の挑戦を終える時が来ました。いつまでも心は若いつもりでも確実に体は年相応に老いています。これが現実。

 

 

自分の中でなかなかその挑戦を終えることができず家族にも誰にも本音を話せずで、八方塞がりの状態が続いていました。

たまたまスウェーデン時代の友人達が立て続けに訪ねてくれたり、いつも楽しそうにお店の様子をみにきてくれるお客様がいてくれたおかげで、前向きな気持ちでもう終わりにしようという気持ちが自然に沸いてきました。

人に恵まれていて本当にありがたいです。

 

 

 

 

先日お休みを頂き伊勢神宮へ行ってリセット。

これからはスタッフのえみりちゃんと始めたワークショップ f r i t i s をベースに、クリエイターとお客様をつなげる場所として、年齢性別を問わずみんなが活き活きと楽しめる空間作りに力をいれ、自分自身も制作に携わり、オリジナル商品を少しずつ手がけていきたいと思います。

 

 

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

それではまた次回に。

www.grannehantverk.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22日(土)中島和美さんの手紡ぎの実演とミニワークショップを開催します

 

昨日15日(土)は、中島和美さんが1日在廊し、紡毛糸の紡ぎの実演と特別に無料でミニワークショップを開催。

中島さんの作品の一つ「フェルトの椅子パッド」は、当店で4年程前から販売し、軽井沢へ移転してからはおかげさまでリピーター続出。昨年は何十枚も製作して頂きました。ありがとうございます!

 

 

今回の実演は、羊の毛を使った紡毛糸の糸紡ぎ。

毛刈りをして洗った状態の原毛をほぐすところから始まります。

ほぐしたらハンドカーダーというクシのついた道具でとかします。

 

 

全ての工程にコツがあり、見ているよりも実際にやってみるとやはり難しい。

だいじょうぶかなあと様子を伺ってみると、みんなニコニコ。よかったーー

ワークショップに参加した皆さんからは難しかったけど楽しかったーと喜んで頂きました。

 

 

大人も子供も一緒に楽しめる会って本当にいいなあと改めて感じた時間。

ご来店頂きました皆様、ありがとうございました。

私の不手際で、せっかくご来店頂いたにもかかわらずワークショップにご参加できなかった皆様、大変申しわけございませんでした。

次回22日(土)の実演、ミニワークショップでは、皆様にお声がけができるように致します。

またのご来店を心よりお待ち申し上げます。

 

それではまた次回に。

www.grannehantverk.com

 

 

 

 

 

 

 

 

本日15日(土)、22日(土)中島和美さんが紡毛糸の紡ぎの実演をします

 

本日15日(土)と22日(土)の10時半から17時頃まで、中島和美さんによる紡毛糸の手紡ぎ実演を行います。

無料で一通りの糸紡ぎの流れを体験できるミニワークショップも開催します。(ご予約不要)

 

 

紡ぎ方には紡毛糸と梳毛糸の紡ぎ方の2種類があります。

中島さんは紡毛糸の紡ぎです。

梳毛糸は毛刈りをした毛の束(ステープル)を毛の流れに沿ってカーダーというクシのついた道具でとかして紡いでいきます。

紡毛糸はステープルを細かくほぐしカーディングしているので空気を沢山含んだ切れにくい糸。梳毛糸の紡ぎよりも手間がかかりますが、その分風合いのある糸に仕上がります。

 

 

この作品は、糸を紡ぎ草木染めをして織ったもの。赤は茜の色です。大量生産品には絶対に出せない風合い。

普段意識して見ている方はすぐに違いがわかりますが、彼女の作品を見れば普段あまり気にされていない方でもその違いに驚いてくれます。柔らかく温かい。

 

 

糸を紡ぐ時がリラックスできる時間。

 

無料で教えて頂ける機会はなかなか無いのでぜひお時間がございましたらお気軽にお立ち寄りください。

 

それではまた。

www.grannehantverk.com

 

スウェーデンのBurmanform展開催!

 

スウェーデンのストックホルムを拠点に制作活動をされているMihiro Burmanさん。

10月3日(水)〜11月4日(日)に当ギャラリーにて個展「Burmanform by Mihiro Burman - Med vinden 風と共に- 」

を開催して頂けることになりました。

 

 

新作の木のパズル。プレゼントにおすすめです。

 

 

数ある作品の中から今回の展示会ではクリスマスシーズンに活躍しそうなアイテムをセレクトしています。

照明カバーにもなる作品も展示販売致しますので是非お気軽にお出かけください。

 

13日(木)にGRANNE HANTVERKのウェブショップをオープン致します。

13日頃までの間インスタグラムやホームページなどでショップ情報を更新致しますのでそちらをご覧ください。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

それではまた次回に。

www.grannehantverk.com

スウェーデンと日本の国交樹立150周年記念の企画展「Tack Sweden!」の出品者は?

 

9月13日(木)からGRANNE HANTVERKは楽しいイベントが盛りだくさん。

 

10月3日(水)から11月4日(日)まで開催するスウェーデン大使館後援の企画展「Tack Sweden!」に出品して頂くクリエイター12名が決定したのでお知らせ致します。

 

・木工 遠藤覚

 

・白樺 迫田希久

 

・Textile 垂井美穂

 

・Jewelry ふじいいくこ

 

・Textile ゆきわりそう

 

・ニット Emma Ericsson ワークショップあり

 

・磁器 Masayoshi Oya

 

・白樺 Yukari Ota ワークショップあり

 

・金工 Joanna Ericsson

・Textilist カイサヨコ ワークショップあり

・Textile ソワエミリ

・家具 皆木重人

計12名

 

それぞれが何点か出品するので楽しい展示会になりそうです。

お楽しみに!

www.grannehantverk.com

 

 

 

 

10月3日(水)〜11月4日(日)MIHIRO BURMAN展開催!

 

 

10月3日(水)〜11月4日(日)まで、スウェーデンを拠点に活動されているMihiro Burmanさんの個展を開催致します。

紙を使用したアート作品の数々。

上の写真の作品は、ただ置くだけではなく照明カバーとしても使うことができます。

 

 

 

今回の展示会ではクリスマスに窓辺に飾る照明をイメージして作品をセレクトして頂いています。

 

 

BURMAN FORMの製品も展示販売致します。

樹種の違いによるコントラストがとてもきれいです。

その他にもいろいろな作品がギャラリー空間に展示される予定です。

長い冬の過ごし方が上手なスウェーデンの文化を取り入れ、楽しい冬を迎えるための準備を是非当店で。

 

同時開催で、スウェーデンと日本の国交樹立150周年記念イベントで、スウェーデン大使館後援の「Tack Sweden!」を開催致します、是非お出かけください。

詳細はまた後日に。

 

それではまた。

www.grannehantverk.com

 

9月13日(木)からGRANNE HANTVERKのウェブショップがオープン!

 

みなさまにご報告することが3点あります。

全ては9月13日(木)からスタートするのですが、

2点は、以前にホームページやブログ、インスタなどでご報告していた通り、スタッフが加わることと、ワークショップfritisが始まること。

そして新たにご報告することは、かねてから始める始めると言いながら始められなかったウェブショップがついに始まります。

全ては私達だけでは絶対にできなかったことです。

 

 

一緒にグランネを盛り上げていきたいと言ってくれたスウェーデン時代の仲間をスタッフとして迎え、

全員の知恵を出しあってお客様に喜んでもらえるようなもの作り、店作りができるように努力致します。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

ウェブショップはまだ細かい部分が出来上がっていないので、準備が整い次第またご報告させて頂きます。

 

それではまた次回に。

www.granehantverk.com

 

 

中島和美さんが9月15日(土)、22日(土)に紡毛糸の手紡ぎ実演をします!

 

こんにちは。

本日29日(水)から「中島和美 フィンランドシープの小物展」が始まりました。

初日は中島さんがオープンから在廊してくださり、遠方からのお客様も多くいろいろなお話が聞けてとても楽しい1日でした。

 

 

9月15日(土)、22日(土)10時半〜17時の紡毛糸の実演のために、紡ぎ車の最終チェック。

大久保芙由子先生もチェックしてくださり準備万端です。

 

洗い済の原毛のごみ取りやさばき方、ハンドカーダーの使い方、紡ぎ車の扱い方など実演から学べることが沢山あります。

紡毛糸は梳毛糸の紡ぎとは下準備の仕方も紡ぎ方も全然違います。仕上がりの糸も全く違いますので、興味のある方はぜひぜひご参加ください。簡単なレクチャーもしてくれるそうです。

 

 

今日は私にとってとてもうれしい再会が。約9年ぶりだと思います。

その方はご家族でご来店。

中島さんのお客様だと思っていたら、お帰りになる際に「もうゴットランドシープの毛皮の作品は作らないのですか?」と。

え!?

記憶を必死でたどる。

最後にその方がお名前をおっしゃった瞬間にああああああ!と記憶が蘇り、うれしくて思わず手をとって喜んでしまいました。

本当にびっくりです。

約9年ほど前、スウェーデンでゴットランドシープの毛皮をなめして作品を製作していた頃、一時帰国をして銀座でスウェーデン大使館後援のゴットランドシープの毛皮展を開催。

その時にその方は私がなめした毛皮や椅子パッドをお買い上げくださり、しばらくやりとりが続いていました。

いつもとても優しい言葉をかけてくださって、製作の励みになっていたので、時々その頃のことを思い出しては、お会いしたいなあと思っていました。

今日その時が来るとは!突然すぎて、当時の感謝の気持ちをうまく伝えられず。

ただただありがとうございますしか言えませんでした。

店を続けていて良かったです。

ありがとうございます!

 

それではまた。

www.grannehantverk.com

 

 

 

 

 

 

スウェーデン大使館後援の企画展「Tack Sweden!」とは?

 

今年はスウェーデンと日本の外交樹立150周年記念の年。

両国の各地で150周年記念イベントが開催されています。

 

当店でもスウェーデンに感謝の気持ちを込めて企画展を開催。

 

「 Tack Sweden! 」

・日程 10月3日(水)〜11月4日(日)

・内容  Tack(タック)はスウェーデン語でありがとう。スウェーデンで技術を学んだクリエイター達がスウェーデンに感謝の気持ちを込めた作品を展示販売します。スウェーデンのお茶の時間(フィーカ)を楽しみながらのワークショップも開催予定。

 

 後援 : スウェーデン大使館

    

同時開催でスウェーデンを拠点に活躍されているMihiro Burmanさんの個展「Mihiro Burman展」を開催予定。

詳細が決まり次第またお知らせします。

 

 

それではまた次回に。

www.grannehantverk.com

 

 

 

中島和美 フィンランドシープの小物展が始まります

 

 

現在開催されている企画展「フィーカノシタク」は26日(日)で終了し、29日(水)から次の展示会が始まります。

 

「中島和美 フィンランドシープの小物展」

 

・開催日 8月29日(水)〜9月30日(日)

・作家在廊日 29日(水)、15日(土)、22日(土)

15日、22日は紡毛糸の紡ぎを実演する予定です。

 

私の紡ぎ車は車軸が歪んでしまっているので、もしかしたら紡ぐ前の支度の実演のみになってしまうかもしれません。

治るといいなあ。

 

 

上の画像のマフラーは羊の原毛から紡毛糸を紡ぎ、織っています。

ちなみに最初の画像の青いマフラーはホームスパン。

ホームスパンも紡いで織っていますが、ざっくりとした太めの糸を紡いで織っています。

 

 

中島和美さんの作品はシンプルです。

クオリティーがとても高く、温かみがあり、使い勝手も良いので、当店には中島ファンが沢山います。

大人気のフェルト椅子パッドは、今回ラウンド、スクエア大小、ナチュラル、カラー、いろいろ作っているそうです。

毎度の事ながら早い者勝ちですよ。

現在一生懸命開催に向けて製作をしていますので是非ご来場ください。

 

それではまた次回に。

www.grannehantverk.com